• 八津御嶽神社(やつみたけじんじゃ)

    〒164-0012 
    東京都中野区本町2丁目7−6

    丸の内線中野新橋駅 徒歩6分

    神様
    元無極体天御中主国常立之尊産土之大御神(げんむきょくたいあめのみなかぬしくにとこだちのみことうぶどのおおみかみ)
    大国主之命(おおくにぬしのみこと) 
    事代主之命(ことしろぬしのみこと)
    大己貴之命(おおなむちのみこと)
    少名彦之命(すくなびこのみこと)
    天津児屋根之命(あまつこやねのみこと)
    天津大山祇之命(あまつおおやまづみのみこと)

    結婚式あり 初穂料

    人数80名

800余年の歴史を有する八津御嶽神社の分社として、大正10年に本宮(現在の山梨県南巨摩郡南部町)より、一人の神主が東京(現在の地ではなく、当初は現在の浅草橋界隈)に出てきたことがはじまり。以来、いにしえよりの教え(神の心にしたがって、罪穢れなく、清らかで、明るくおおらかに生きる)に従い、「夫婦、そして家庭が円満で幸せであってこそ、国の未来も拓かれる」という(自家成立)の考え方を堅持。現在でも首都圏に暮らすご家族の幸せを支える守り神として、多くの皆様に親しまれています。

結婚式について問い合わせる 前のページに戻る