• 品川神社(しながわじんじゃ)

    〒140-0001 
    東京都品川区北品川3-7-15

    京浜急行「新馬場駅」 徒歩2分

    神様
    天比理乃咩命(あめのひりのめのみこと)
    宇賀之売命(うがのめのみこと)
    素盞嗚尊(すさのおのみこと)

    結婚式あり 初穂料6万円

    人数30名

今からおよそ800年程前の平安時代末期の文治3年(1187)に、源頼朝公が安房国の洲崎明神(現・千葉県館山市鎮座 洲崎神社)の天比理乃咩命を当地にお迎えして海上交通安全と祈願成就を祈られたのを創始とします。 やがて、鎌倉時代末期の元応元年(1319)に二階堂道蘊公が「宇賀之売命(お稲荷様)」を、さらに室町時代中期の文明10年(1478)に太田道灌公が「素盞嗚尊(天王様)」をそれぞれお祀りしました。 慶長5年(1600)、徳川家康公が関ヶ原の戦いへ出陣の際に当社へ参拝し戦勝を祈願され、その後、祈願成就の御礼として仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿)などを奉納されました。

結婚式について問い合わせる 前のページに戻る