• 天祖・諏訪神社(てんそ・すわじんじゃ)

    〒140-0013 
    東京都品川区南大井1-4-1

    京浜急行「立会川駅」 徒歩2分

    神様
    天照大御神(あまてらすおおみかみ)
    豊受大神(とようけのおおかみ)
    建御名方刀美神(たけみなかたとみのかみ)
    建御名方神(たけみなかたのかみ)
    小碓命(おうすのみこと)
    日本武尊(やまとたけるのみこと)

    結婚式あり 初穂料5万円

    人数20名

浜川町と元芝の鎮守の氏神様として仰ぎ親しまれる天祖・諏訪神社。古くは神明宮、諏訪社と称し、かつては両社とも東京湾に面し、立会川を挟んで並び祀られていました。 天祖神社の創建は、建久年間の大井郷之図や来福寺の記録から西暦1100年から1190年頃に遡るとも思われ、諏訪神社は松平土佐守の下屋敷の海岸寄りにあり、江戸時代初期の寛永8年(1631年)以前の創建と思われる。両社は昭和40年に合祀され、天祖・諏訪神社と称されるようになった。

結婚式について問い合わせる 前のページに戻る