ブログ

結婚式のスタイルについて

2020-10-15

一概に”結婚式”と言っても色々なスタイルがあります。
本記事ではその違いやそれぞれの特徴を紹介したいと思います。
実際にスタイルを決める上ではおふたりとご両家のご意向や、宗教的なことも考慮します。
ただ基本的には自由に決めることができるので、結婚式をお考えの人たちの参考になれば幸いです。
またここでの結婚式は儀式の部分、いわゆる挙式を示し披露宴等のパーティは別記事にて記載します。

聞いたことがある方も多いと思いますが
神前式・仏前式・キリスト教式・人前式などが挙式のスタイルの種類です。
それぞれ特徴や魅力などが異なりますので、以下より記載していきます。

【神前式】
「しんぜんしき」と読み、その字の如く神様に誓いをたてる挙式のスタイルです。
日本古来の宗教である神道に基づくものであり、日本らしさや厳かな雰囲気がその特徴です。
現在では神社やホテル・式場内に併設された神殿で行うことが多いです。
衣裳は原則和装着用で行います。和装が着たいからという理由でこのスタイルを選ばれる方も多いと思います。
新郎は黒紋付、新婦は純粋無垢を表すとされる白無垢を着ることが基本でした。しかし昨今では色打掛等を含め多くの衣裳を選べることも一般的となってきております。
それに伴い、髪型も自由にできますよ。洋髪もOKです。

挙式の中では神職による祝詞奏上、三三九度でのお神酒、玉串奉奠などが神前式の特徴です。
会場によってできるかどうかは異なりますが、巫女舞なども魅力的です。指輪の交換も神前式内で行うこともできます。
また参進の儀は神前式ならではという点でとても人気の演出です。参道を神職、巫女の先導のもと新郎新婦、ご親族が行列を成して歩きます。

【仏前式】
「ぶつぜんしき」と読みます。神前式と同じく日本らしさのある挙式スタイルです。ただし現在はこのスタイルをお選びされる方は多くはありません。

文字通り仏様の前で結婚式を執り行います。
こちらは仏教に基づくものであり、おふたりの来世までの結びつきを誓い合います。
多くの場合、お寺で行いますが神前式同様にホテルや式場内の施設で行うことも可能です。
衣裳も神前式同様に和装を着用することが一般的です。

挙式の中では僧侶が仏様とご先祖様におふたりの結婚の報告を行います。
また念珠授与といった僧侶から数珠を受け取る儀式が特徴的と言えるでしょう。
こちらが指輪交換にあたる儀式ですが、最近では会場によって指輪交換を仏前式内ですることもできます。

【キリスト教式】
キリスト教の教えに則り行われる挙式のスタイルです。
日本では最も多くのカップルに選ばれております。テレビ等でみる結婚式がこのスタイルが多くイメージされやすいからでしょう。
入場時にバージンロードを歩いて、誓いのキスを交わすという結婚式に憧れを持つ人も少なくないでしょう。それが叶うスタイルでもあります。
本来は教会で執り行われるものではありますが、現在日本ではホテルや式場内のチャペル等で行われることが一般的です。
厳密にいうとこれはキリスト教式風とも言えます。

衣裳は基本的には新郎はタキシード、新婦はウエディングドレスを着用します。
またウエディングドレスには欠かせないベール、こちらをお母様におろして頂くベールダウンの演出も魅力的です。
キリスト教式の特徴は指輪交換はもちろん、讃美歌の斉唱や新郎新婦誓約などです。
聖歌隊の歌唱や、バイオリン、オルガン、チェロ等の生演奏を取り入れることで一層雰囲気を盛り立てることもできますよ!

【人前式】
「じんぜんしき」と一般的には読みますが、神前式と分かりやすくするようにあえて「ひとまえしき」と言われることもあります。
ご参列のゲストの皆様におふたりの結婚の証人になって頂く挙式の形です。
人前式の特徴は無宗教であることです。これまでに紹介してきたスタイルにはそれぞれの宗教色がありました。その為おふたりや両家の宗派の違いにより、選択が限られたり選ぶことができなかったりすることもあります。
そういう問題が基本的には無いのが無宗教の人前式の魅力とも言えます。

また挙式の流れにもほとんど決まりが御座いません。その為自由度がとても高いスタイルとも言えます。
定番の内容としてはオリジナルの誓いの言葉を新郎新婦自身で式中にお読み頂き、立ち合い人代表の方にご署名を頂くものでしょうか。
その他ウエディングツリーなどのアイテムを使用し全員の承認を頂いたり、ゲストに牧師の代わりになってもらい誓約を交わしたりととにかく自由です。
人とは違ったスタイルが良いという方にはオススメですね!

その為衣裳ももちろん自由でOKです。タキシードとドレスという選択が多いですが、和装人前式という言葉があるように和装ももちろん大丈夫です!

場所は式場内のチャペルで行うことが多いですが、どこでもできるのもまた人前式の魅力です。
ガーデンウエディングや船上ウエディングの場合も人前式のスタイルが多く選ばれます。

以上
本記事では上記4つのスタイルについて紹介致しました。

どのスタイルにするかによって選ぶ会場やアイテムなども変わってきますので、おふたりでどれがいいかを考えることが結婚式の準備の第一歩になると思います!

検討される中で分からないことがあれば神社結婚式なびにお気軽にお問い合わせください!
お読み頂きありがとうございます♪

\シェアする/