池尻稲荷神社

池尻稲荷神社では、他の神社では行わない儀式を行っています。
それが、『水合わせの儀』です。神前結婚式にて行います「水合わせの儀」は、新郎新婦にそれぞれの実家(故郷)のお水をお持ちいただき、御神水の入った器に注ぎ合わせる儀式です。
お互いの水(環境)で育った新郎新婦がそれぞれの家風の違いを乗り越えて一つとなり、新しい家庭を築いていけるようにとの願いを込めて行います。
そして、当神社の御神水は江戸時代より湧き出る井戸水で、「薬水の井戸」「涸(か)れずの井戸」として参拝者の皆様に愛され親しまれてきました。新郎新婦ご両家のお水と当神社の御神水を合わせて結婚式の神前にお供えいたします。

photo003

↑↑↑水合わせの儀で使用する、「きつねの水器」

また『静中庵(せいちゅうあん)流煎茶道』家元を構え、煎茶を「心清く美味しく煎じるお点前」を旨とする茶道教室を開いています。
結婚式の後、社務所控え室にてお供えしたお水を使い、「煎茶結びの儀」としてお茶を点(た)て、召し上がっていただき、大神様のご加護を得ると共に両家の「結び」を固め、新郎新婦の門出をお祝いしております。

出張結婚式も承ってくださる神社様なので、新郎新婦のご自宅・ゆかりの場所で神前式を行うことも可能です!!

o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.o。
神社結婚式なび
Tel:03-5363-4857
東京都新宿区大京町22-1 HAKUYOHビル2階
o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.o。